投稿者:人身傷害

テキサス州の法律の下では、雇用者は勤務中のスタッフの行動に責任があります。 従業員が許可された行為(または許可された行為に関連する作業)を実行している間に従業員の過失が傷害を引き起こした場合、雇用者は身代わりに責 雇用主が事故に直接関与していなかったことは問題ではありません–彼らはまだ責任を負うことができます。

なぜあなたの傷害請求に代理責任が重要なのですか

代理責任は、通常、従業員が仕事中で事故を引き起こしたときに発生します。 例えば、トラック運転手が商品を配達していて、彼らが別の車に衝突した場合、彼らの雇用主は身代わりに責任を負うでしょう。 同様に、医師が患者にさらなる傷害をもたらした間違いを犯した場合、病院は身代わりに責任を負うとみなされます。

ではなぜこれが重要なのでしょうか?

あなたがオン*ザ*ジョブワーカーによって引き起こされる事故で傷ついた場合、それはことを意味します-あなたは会社ではなく、個人に対して請求を提出

代理責任の例外

このルールの例外には、従業員が物理的な力を使用する状況(従業員が誰かを暴行した場合など)が含まれます。 そのような場合、行為は刑事犯罪とみなされるため、雇用主は身代金の責任を負いません。

知っているいくつかの同様の用語

プリンシパルの責任

これは、障害時のドライバーが車両の所有者ではないときに車のクラッシ ほとんどの状況では、運転していた自動車に関係なく、運転者の保険に対する請求を追求することは論理的ですが、所有者に代わってタスクを実行す

親の責任

親はすでに子供の行動に対して合理的な責任を持っていますが、親の代理責任の法的概念はまだ不法行為法の中で進化している それにもかかわらず、親は子供を監督する失敗を含むことができる彼らの自身の怠慢な行為のための限定的な責任を有する。 同様に、親が銃などの危険な物品を子供の手の届かないところに保管していない場合、子供が誤って誰かを撃つことになった場合、親は身代わりに責